購入資金をどうするか

やはり一番の頼みは退職金

引退後に別荘を購入する場合、やはりその購入資金の一番のあては退職金でしょう。こればかりは人によって金額が異なってきますので、具体的なアドバイスはできませんが、引退後の生活をしっかりと考えて余剰資金を別荘に回すことが望ましいです。この先20年、30年と長生きするつもりで計画的に資金をやり繰りしていきましょう。別荘は購入したら一生持つつもりでいた方がよいと思います。お子さんがいらっしゃる方は、その方に遺産として残すつもりで考えておきましょう。生活資金が足りなくなって、後々物件を売却することになっては手続きも含めて本当に大変です。

ローンはなるべく少なめに

場合によっては引退後にローンを組むことも可能です。不動産や雑所得など定期的な収入が見込める方は、ローンもひとつの選択肢として考えておきましょう。ただし、年齢を重ねると健康面の不安も出てきます。あまり大きな金額を組んでしまうと返済を考えるのも一苦労ですので、ローンの額は可能な限り低くしておくことをお勧めします。

せっかくの別荘ですから一括で気持よく購入して余暇を楽しみたいですね。別荘用の物件と言ってもピンからキリまでありますので、手元の資金、そして家族とよく相談をしてみましょう。

©引退後の別荘生活をサポートします